第8回協定講座シンポジウム

第8回協定講座シンポジウム「計算科学 次代を担う若手の集い 2014」 

日時:2014年9月11日(木) 11:00開会

会場:神戸大学 瀧川記念学術交流会館 2階 大会議室
(神戸市灘区六甲台町1-1 神戸大学六甲台第2キャンパス)
http://www.kobe-u.ac.jp/guid/access/rokko/rokkodai-dai2.html

参加費:無料 (懇親会会費: 学生 無料,一般 3000円)

神戸大学大学院システム情報学研究科協定講座は,大阪大学・京都大学・筑波大学・名古屋大学・奈良先端科学技術大学院大学の5大学との連携によって構成された組織です.協定講座シンポジウムは,主にこれらの大学間における研究交流を活性化させる目的で,テーマを変えながら年に2〜3回程度,開催しております. 今年も,修士学生による発表を中心とする研究会を行います.これは,優秀な学生に,良い発表機会と同年代の学生との交流の場を早めに提供することで,研究をエンカレッジすることを目的としています. 

プログラム
11:00    開会 
11:10~11:40 
長谷川哲也(筑波大学) 
「実数計算のみを利用した周回積分型固有値解法における精度悪化とその対処」 
11:40~12:10 
藤井祐貴(京都大学) 
「疎行列の部分特異対を計算するためのRGKL法およびRBGKL法の高速化について」 
13:30~14:00 
下村環太朗(奈良先端科学技術大学院大学) 
「ホロノミック勾配法を用いた共分散行列の固有値の推定」 
14:00~14:30 
石川歩惟(神戸大学)
「離散勾配法のRiemann構造不変性」 
14:45~15:15 
吉田延宏(名古屋大学)
「点群データの表面再構成に現れる大規模線形方程式について」 
15:15~15:45 
中山大樹(大阪大学)
TBA 
16:00~    ポスターセッション 

PAGE TOP