第6回協定講座シンポジウム

第6回協定講座シンポジウム「計算生物学と材料科学の融合II」

日時:2013年11月20日(水) 13:00開会

会場:神戸大学統合研究拠点 コンベンションホール
ポートライナー「京コンピュータ前」駅前
(神戸市中央区港島南町7-1-48)
http://www.kobe-u.ac.jp/kuirc/access.htm

参加費:無料 (懇親会会費: 2,000円)

プログラム
13:00    開会
13:15 – 14:15
金 賢得(京都大学大学院理学研究科・独立行政法人科学技術振興機構さきがけ)
「Innovative Photo-Excited Electron and Hole Dynamics in Nano Materials: Phonon-Coupled Relaxation, Charge Transfer, and Multiple Exciton Generation/Recombination」
14:30 – 15:30
石北 央(大阪大学大学院理学研究科)
「X 線結晶構造解析では見えにくい「H+」から蛋白質の反応を見る」
15:45 – 16:45
鷹野 優(大阪大学蛋白質研究所)
「金属タンパク質中の補欠分子の分子構造―電子構造―機能相関」
17:00 – 18:00 学生発表 4名
18:00 – 20:00 ポスターセッションおよび懇親会

 神戸大学大学院システム情報学研究科計算科学専攻協定講座は、京都大学・大阪大学・筑波大学・名古屋大学・奈良先端科学技術大学院大学の五大学と教育・研究の連携に関する協定を結んでおります。協定講座シンポジウムは、主にこれらの大学間における研究交流を活性化させる目的で、テーマを変えながら年3回ほど開催していきます。なるべく若手中心の、気楽に議論が交わせるような会にしていきたいと思っております。
 第6回目は、計算生物学と材料科学における接点の模索を目指して議論していきます。それぞれの分野の先生方(生物物理、量子化学、統計力学)に基礎から応用までを講演をして頂くことで、各研究分野の魅力を認識し、より深い理解と問題点の解決へ発展させることを目指します。
 みなさまの積極的なご参加と活発な議論をお待ちしております。

PAGE TOP